ギャンブルの知識~オンラインカジノ・パチンコ~

ギャンブル

kasegu

金品などを賭けて勝負事を行う、賭博行為のことを、ギャンブルと呼ぶ。
ギャンブルは、勝負事に勝った人間が賭けた金品や物が自分のものとなる。但し、勝負に負けてしまった場合、自分が賭けた金品や物品を失うことになる。
賭博行為に使われる勝負内容は様々だが、一般的には勝負が公平となる行為が用いられる。が、これはあくまで人と人同士で賭け事を行った場合に尽きる。
また、我が国日本では刑法第185条で賭博罪が設けられている。賭博罪は、国で認められた公営ギャンブルの場合は対象とならない。
公営ギャンブル以外で賭博行為を行った場合、刑法第185条の賭博罪に該当し、罰せられる。
2014年1月現在では、雀荘で賭け麻雀を行う、又は場の提供などが賭博罪に該当する。麻雀は公営ギャンブルでは無い為、賭博罪が適応されることになる。賭博罪が改正されるまでは、麻雀は賭博行為の際の勝負事に用いられていた。その為、賭け麻雀が至る雀荘で行われていた。が、改正により賭け麻雀が禁止され、多くの雀荘が摘発されることになった。

公営ギャンブル

我が国日本で認められている公営ギャンブルは、以下のものが挙げられる。
・競馬・競輪・オートレース・競艇・宝くじ
競馬、競輪、オートレース、競艇は、全てスポーツの一種となる。これらのスポーツはレース形式となっており、一番早い走者をレースで決める。
利用者は、走者の順位を予想することになる。運営側は、配当金として出場する選手に対してのペイアウト率を定めている。レースが終了した後、結果に応じて定められたペイアウト率で賭け金が支払われる。
一着ペイアウト率5倍の選手に500円賭けていた場合、その選手が一着で2,500円の配当金が支払われる。

宝くじは、これらのスポーツと仕様が少々異なる。
購入したくじが、運営側が発表する当選番号に該当した場合、定められた当選金が支払われる。
1等の宝くじの当選金が1億円だった場合、所有しているくじが1等なら、1億円の当選金が支払われる。
当選金の額は、一般的に1等は億単位を超える額である事が多く見受けられる。日本の宝くじの1等の当選金は、2014年1月現在15億円まで定めることが出来る。
海外の国では、当選金が百億円単位で設定されている国も存在する。

システム

kasikoku

パチンコは、公営ギャンブルの一種として認識している方が多く見受けられる。
が、パチンコは実際は認められておらず、景品交換所を定めることによってシステムが成り立っている。
パチンコ台やスロット台で大当たりした出玉やメダルを、パチンコ店では交換出来る。
この店内で交換した景品は、店外に設置されている景品交換所で現金に変えることが出来る。あくまで景品を買取したという形になる為、賭博行為に該当しないケースになる。


hotnews

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カジノ

かつて、集会場や娯楽場という意味で使用されていた言葉が、「カジノ」である。これは、ラテン語が語源となっている。現…続きを読む
pati

カジノが合法とされている国は、限られている。しかし、限られているとは言えども、合法となる国は実に多く存在している…続きを読む
poka2

歴史

カジノとして楽しまれるゲームに、バカラがある。このゲームは、数々のカジノゲームの中でも古い歴史を持つゲームである…続きを読む

recommend

カジノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かつて、集会場や娯楽場という意味で使用されていた言葉が、「カジノ」である。これは、ラテン語が語源…続きを読む

pati

カジノが合法とされている国は、限られている。しかし、限られているとは言えども、合法となる国は実に…続きを読む